ネットショップを開くにはサーバーのレンタルサービスが必要

レンタルサーバーを利用するメリット

ネットショップを開く際には、業者に依頼してサーバーのレンタルサービスを利用した方がいいでしょう。利用した場合は、独自のホームページアドレスやメールアドレスが取得できるので、アットマーク以降のドメイン名に、自社名や屋号等を入れられます。顧客側ではアドレスを見ただけで、ネットショップのことが分かりますので、接続したり、メールを開いたりしてもらえますし、広告や宣伝代わりにもなるでしょう。プロバイダーでもアドレスの提供が可能ですが、プロバイダで決められた文字列がドメインに入りますので、独自性を出すのが難しくなります。

業者の探し方や選び方

レンタルサーバーの業者は、インターネットで運営されていることが多いです。知人や取引先で紹介がなく、どのように探していいか分からない場合は、比較サイトや口コミサイトからショップ運営に定評のある所を選ぶといいでしょう。定評のある業者は、商品の在庫管理がしやすく、商品画像を配列するにも簡単な操作で整えられ、慣れない方でもショップサイトを作りやすくなります。ショッピングカートの機能をレンタル料金の範囲内で使える所もあります。

共有サーバーと専用サーバーのどちらがおすすめ

レンタルサーバーのサービスには、共有と専用のサーバーがあります。共有は他社とサーバーを一緒に利用するため、比較的安価な料金で済みます。最初のうちは、様子を見るために共有で構わないでしょう。ただし、要領が小さめのため、ショップサイトに訪れる顧客が多くなってくると、購入などの処理が集中した場合に、サーバーの処理能力が落ち、表示速度が落ちたり、機能しなくなったりする場合があります。そうなると、自社のみで利用できる専用サーバーのサービスに移行した方がいいでしょう。

レンタルサーバーはホスティングサーバとも呼ばれており、ウェブ上のアプリケーションやサイト閲覧などのサービスを利用するために用いられます。