実は怖い!ネットで誹謗中傷されたときの対策とは

まずは冷静に対応すること

誰もが気軽にネットを利用することができるようになったため、ネットで自分自身が誹謗中傷されてしまうことも身近なことになってきました。誹謗中傷にもさまざまなものがあり、法律によって対応することが可能な場合もあるため、冷静になることが重要です。ネット上に自分の名前をかたって自分の不利益になるようなことを書き込まれた場合などは名誉棄損として対応することができます。ネット上の誹謗中傷に対して、自分も誹謗中傷で対抗するとどちらにとっても不利益になるばかりか自分が被害者であることを証明できなくなってしまいます。初期対応としては常に冷静であり続けることが最重要ポイントとなります。

誹謗中傷の内容や範囲を調べることが重要

ネット上で誹謗中傷された場合は、自分に対する悪意書き込みの種類や範囲について調べることが大切です。発信者や発信内容を特定することができれば、誹謗中傷の舞台となっているサイトの管理者やプロバイダに対して削除を依頼することができます。インターネット上には様々な掲示板が存在し、誹謗中傷が起こりやすい環境が作られているともいえます。犯罪として逮捕されたりすることもある重大な行為であることを認識し対応することが重要です。警察に依頼などをすることによって、書き込みを行った個人を特定することも難しいものではありません。ネット上に拡散してしまった情報を消すことはできないからと泣き寝入りするのではなく、まずは自分以外の第三者と一緒に対応を依頼することがポイントです。

NET上に誹謗中傷を拡散された場合、取り除くことは非常に困難です。そこで検索しても上位に表示されなくする逆SEO対策が有効で必要とされています。