インターネット上の誹謗中傷対策をどう行うか

SEOで対策出来そうな場合には業者に依頼

誹謗中傷などがたくさんのページに書かれている時には、それらすべての管理者に対して裁判を行ったり、書き込みをした人物を特定するのはかなり難しい作業ですから、SEO対策などで悪意のあるページを検索結果の上位から排除するという方法が最も適しています。この方法ならば業者に対策を任せて、悪意のあるページが発見され次第、それらが検索ワードに引っかからないように対策をしてくれるので、どんどん検索結果後方へと追いやっていけます。この結果よく検索されるワードで誹謗中傷などが書かれていた場合にも綺麗サッパリネット上の検索結果から消し去ることが可能です。対策については開始してからすぐに効果が出る場合があるので、即効性を求めるのならば、SEOの業者に頼みましょう。

特定サイトなら迷わず裁判

誹謗中傷が書かれているのが一つのサイトでそこに法に抵触するような誹謗中傷が書かれている場合には、迷わず裁判を起こすことにしましょう。まず弁護士に相談に行き、そのページの管理者に対して書き込みした人物の情報開示請求を行ってもらいます。その後人物が特定され次第、裁判を起こして損害賠償を求めたり、誹謗中傷の削除にかかった費用に対して支払いを求めることとなります。裁判の際には費用がかかりますが、相手側に支払ってもらうことができれば負担もなくなります。誹謗中傷でお悩みの方は、特定サイトに対して何か誹謗中傷が書かれているなら裁判によって法的解決をしていきましょう。

誹謗中傷対策に効果的に取り組むために、情報処理や法務に関する専門かと打ち合わせをすることがポイントです。