新入社員研修で外部講師を活用して研修効果を上げよう!

外部講師ってそもそも何?

毎年4月になるとオフィス街や電車の中ではフレッシュなスーツを身にまとった新社会人を目にする機会が増えます。企業で人事担当をしている方にとってはこの時期は最も大変な時期の一つですよね。

新入社員にまずしてあげなければいけないのは社会人としての基礎を身に着けるための新人研修です。名刺の受け渡しなどのビジネスマナーや会社の歴史、心構えなどを学んでもらうこの研修。会社の歴史などは他の部署の詳しい人や役員にお願いすることができますがそれ以外の講義でも人事部だけでは手が回らない事もしばしばあります。

そんな時は外部講師を使ってみてはいかがでしょうか。外部講師とはビジネスマナーや仕事のマインドなどの講義に特化した講師のことです。毎年様々な企業で講義を行っているため経験も豊富で分かりやすい説明をしてくれるため、新入社員の研修効果も大きく変わります。

外部講師をお願いするときはこんなことに注意

外部講師を研修で導入する場合、いくつかのことをすれば研修効果はさらに上がります。

まず、講師と事前に打ち合わせをすることです。何度もお願いしている外部講師なら別ですが、初めてお願いする人の場合その会社のことをほとんど知りません。特に仕事の心構えなどのメンタル面に関する研修ではどういう会社で何を理念にしているのかということを伝えていくことは研修の質をさらに高めるために不可欠なものです。また、新入社員にどんなタイプの人間が多いのかと言うことについてもしっかりと伝える必要があります。

社員研修は社外研修に行く方が、他者他業種の人の意見や考え方、生き方を共有できて、自分のこれからの人生に非常にプラスになります。