現代社会におけるネットワーク監視とその重要性

ネットワーク監視の重要性

今や情報通信などのネットワークは企業や組織において不可欠なインフラで、365日24時間体制での接続が一般的となっています。営業時間以外にもクライアントは企業のサイトにアクセスしてくるので、ネットワークがダウンしてしまうと大きな問題になってしまうでしょう。そのため企業はネットワークの正常な状態を維持したり、サポートする監視体制が必要となります。ネットワークに関係する機器やサーバーなどを監視し、もし障害や異常があればシステム管理者に連絡し迅速に対策しなければいけません。

さまざまなネットワーク監視の項目

ネットワークを監視するのに必要な項目として、例えばハードウェアの状態を監視することがあります。対象となる機器のCPU使用率やメモリの使用率、ハードディスクなどの使用率を監視し、ハードウェアに障害が起こったり異常状態になることを未然に防ぐことができます。サービス・プロトコルも監視する必要があり、ネットワークが正常に稼動しているかどうかを監視するのも大事な項目です。ハードやソフト面においてトラフィックがうまくいっているかもチェックし、問題を適時見極めて迅速な対策が出来るようサポートします。ネットワークに何かしら異常が起こると、対象機器から「TRAP」という通知が送られてくるので、この通知の有無を確認しなければいけません。ネットワークの監視を怠ると、もし障害などが起きてしまった場合に大きな損失が発生するかもしれないので、効率的なネットワークの監視が重要となってきます。

フロー監視とは、インターネット接続やイントラネット接続されているパソコン同士の、通信を監視するものです。