新規にサイトを制作する場合に労力をかけずガラケーに対応する方法

ガラケーからアクセスする人は少なくなっている

スマートフォンのシェアがどんどん大きくなっていく一方、ガラケーのシェアはどんどん小さくなっています。携帯電話会社が販売している端末はほとんどスマホですし、格安SIMの場合はほぼスマホの利用が前提になっているといえます。

そういった状況の中、新規にウェブサイトを制作する場合に考えなければならないのは、ガラケーへの対応をどうするのかという点です。ガラケーにはフルブラウザと呼ばれる、パソコンやスマホに搭載されているブラウザと同様に、HTMLやCSSに対応し、Javaスクリプトを処理できるものもありますが、古い機種だとパソコンのブラウザの簡素バージョンのようなものがインストールされています。そのため、ガラケーに対応するのであれば、パソコンやスマホ向けのものとはまったく違うHTMLを書かなければなりません。

テンプレートを利用するか外部サービスへの誘導で対応

ただ、現在のガラケーのシェアを考えると、手間暇かけてわざわざガラケーに対応したHTMLを書く意味はないという考え方もあります。ではどうすればいいのかというと、Web制作にCMSやブログを用いるのであれば、ガラケーに対応するテンプレートがないか探してみるといいでしょう。もしあれば、サーバーの設定でガラケーからのアクセス時は、ガラケー対応のテンプレートを読み込ませるということで対応できます。

CMSやブログといったプログラムを使わずにサイトを制作するのであれば、ガラケーからの閲覧者に対し、ウェブサイトをガラケー向けのデザインに書き換える外部サービスのリンクを表示して、そういったサービスを使ってもらうことで、労力をかけずにガラケーに対応するというのも一つの方法です。

プログラムを組む場合、運用を考えると後々に他の人が見た場合にも読みやすいというのは重要です。コーディング規約に則ったプログラムにすることで、後々の改修がしやすくなります。