スマートフォン用Webサイトにはパソコン用とは異なる注意点があります

パソコン用Webサイトは表示できるだけ

スマートフォンでは、従来の携帯電話用に作成されたWebサイトだけでなくパソコン用のWebサイトも閲覧できます。Webサイトを作成するときには、パソコン用に作成すれば多くの人に閲覧してもらえますが注意も必要です。

スマートフォンはパソコンに比べて画面が小さくできています。Webサイトを閲覧するときは、パソコンで表示される画面がそのまま表示されるので全体的に縮小されるのが特徴です。一つのページに写真や文字を表示してしまうと、スマートフォンでは読みにくいと思われてしまいます。

カラムの使い方に気をつけましょう

スマートフォン用の画面に合わせてWebサイトを作成する際は、カラムに気をつけましょう。カラムとはページ内をテーブルのようにいくつかに区切ることを言います。パソコン用のWebサイトでは、縦や横にページを分けて広告や写真など様々な情報を整理して載せていることが多いです。しかし、スマートフォンやタブレットで閲覧するときは、横にいくつも分かれていると閲覧しにくくなります。カラムは縦に1つだけにして、ページの上部や下部に広告などはまとめておくのがおすすめです。記事の途中に広告を入れることも可能ですが、広告で画面がいっぱいにならないようになるべく小さな広告を利用します。

データ量は少なめにしましょう

スマートフォン用のWebサイトではカラムを利用しない理由が他にもあります。一つのページに広告や動画を載せすぎると、ページ全体のデータ量が大きくなるからです。Wi-Fi環境では無理なく閲覧できますが、通信状況によってはWebサイトを表示するのに時間がかかってしまいます。表示に時間がかからないように、データ量を気にすることも大切です。

スマートフォンWebサイト制作では、限られた画面サイズでもスムーズに閲覧できるように配慮する必要があり、レイアウトの工夫が特に重要となります。