インテリア設計の強い味方!LEDを使う魅力とは?

LEDの特徴は低電力で長寿命

LEDは家庭レベルでもよく照明器具に用いられるようになりました。そのメリットとしてよく注目される特徴が低電力であることと長寿命であることの二つです。LEDは白熱電球はおろか、蛍光灯よりも消費電力が低いことから省エネにつながります。それに加えて蛍光灯のように点灯時に大きな電力を必要とすることもありません。光熱費の削減やエネルギー問題が大きな課題として掲げられている現代社会に適した照明器具と言えます。長寿命であることによって交換してゴミが出る頻度が低いのもまた環境負荷を低減するのに役立つ点です。それに加えて交換の手間がほとんどかからずに済み、使用頻度の低い場所であれば一生使えるとすら言われています。

調光などの機能性も充実

LEDはインテリア設計をする上でも力を発揮することから積極的に活用されるようになってきました。長寿命なので交換が難しいような場所に照明器具を設置しやすいというメリットがあります。また、機能性が向上してきているのがインテリアを設計する上での大きな魅力です。調光機能がついている照明器具も多くなり、適切な明るさを自由に演出できる手軽な照明としての地位を確立するようになりました。また、色のバリエーションも多く、最近では短波長側もカバーするようになって可視光領域であればほぼ自由に選べるようになっています。このような形でLED電球の開発に力が注がれている現状があり、それがますますインテリアに活用する機会を増やしているのです。

ledパネルには防水タイプも存在し、しかも紫外線を出さないため虫が集まる心配も無く、安心して屋外で使用できます。